毎日ことこと・サクサク・にこにこ

毎日コトコトサクサク動いてニコニコになるよう心がけてます。ホッと一息、海外の映画やドラマ情報、さっと読めるお役立ち情報や知識,日々のつぶやきや好きな事などをご紹介

英語力で年収に2倍以上差がつくって本当なの?

f:id:kokoDemattarry:20191211183350j:plain

英語力


 

突然ですが、

“I have a pen.”

この文の意味、わかりますか?

 

経営コンサルタントの大前研一さんが言ってたことですが、英語を自由自在に使える人はそうでない人と比べて、年収ベースで2倍以上の差がつく、と。


その根拠は、大きく2つあると大前さんは言ってます。

 

2)英語力がある人は交渉力、営業力も高い

英語力がある人は「分節化」の能力が高い。つまり、何が主語で何が述語で何が目的語かをしっかりと述べることができる。

よく営業の場で「この人はいったい何が言いたいんだろう」と思うことありませんか?それは分節化能力が低いことから生じます。

英語力があると、日本語でも、交渉力・営業力が一気に高まり、自分の立場を明確にして相手に率直に意見を述べることができます。


これによって、年収ベースで言えば2倍どころの話ではないという結論になります。


皆さんも年末年始のお休みに、英語力をしっかり身につけて、ステージ・アップしませんか?

そこでおすすめなのがこちらの英語習得法。

たった5つの動詞だけでネイティブと2時間くらいはペラペラ話せるようになります。今なら無料で学ぶことができます。

今すぐ、こちらチェックしてください!

https://www.hsl-e.com/afn/click.pl?i=12000124&u=10002191&t=c