毎日ことこと・さくさく・にこにこ

毎日コトコトサクサク動いてニコニコ。ホッと一息、海外の映画やドラマ情報、さっと読めるお役立ち情報や知識,日々のつぶやきや好きな事などをご紹介

使い捨てマスク売り切れ続出、再利用はできる?

 新型コロナウイルスが中国で猛威を振るい、日本でも感染が確認されています。

その影響で、日本全国の薬局でマスクが品切れとなり、通販では価格が高騰しています。

 

 

新型コロナウィルス予防として、

まずは手洗い

その次は、マスクうがいを必ずしましょう!

 

 

マスクの品切れと高騰はいつまで続く? 

予防のためにマスク!と、思ってからではもう遅かった。

どこへ行ってもマスクと消毒ジェル売り場はカラっぽ。

f:id:kokoDemattarry:20200202195104j:image

 

 

予防したくても、マスクがないと予防ができませんよね。。。

 

 

しかも、もうすぐ花粉症の季節。

花粉症予防にもマスクは必須。

 

どうしよう。。。。

 

 

 そうだ!売り場にないならネットショップで!

と思いアマゾンを見たところ、

マスクの値段が1万越えに!

 

f:id:kokoDemattarry:20200202195140j:image
f:id:kokoDemattarry:20200202195142j:image
f:id:kokoDemattarry:20200202195134j:image
f:id:kokoDemattarry:20200202195137j:image

 

信じられない。。。

こんなことがあっていいのでしょうか。

 

 

 今まで当たり前のように購入できたマスクが買えない。

日本に住んでいる私たちが、マスクを買えないなんて。。。

 

 

もし、戦争や何かで物資がなくなったら、

こうなるんだ。。。と、おもうと怖くなりました。

 

 

大阪の梅田にある阪急百貨店でも

1階2階のフロアでは、接客する人全員がマスクを着用されていました。

中国からの観光客が多い百貨店なので、

売り場にある商品はもちろん、誰でも触れるお化粧品や

鼻を近づけて香りを試すフレグランスなどは、触ることも怖い。。。

 

 

マスクのストックがある方も、

次いつ買えるかわからない状況です。

 

 

接客業の方もマスクを使用するとなると、

さらに手に入りにくくなるマスク。

 

衛生的に見れば毎日使い捨てた方が良いのですが、
この状況なので、マスクの再利用する必要が出てきます。

 

使い捨てマスクも、使い捨てにはできなくなりそうです。

 

使いまわしのマスクでも効果があるのでしょうか。。。

それが問題です。

 

そこで、使い捨てマスクが再利用できるかご紹介いたします。

 

不織布製マスクは洗ってアルコール消毒

使ったマスクは口側の湿度が高く、雑菌も多少繁殖しています。
唾液もマスクに付着しているので、アルコール消毒だけでは不十分です。

インフルエンザウィルスはアルコールで不活性化(殺菌)しますが
ノロウィルスはアルコールの耐性があるので
アルコールだけでは不活性化しません。

まずは、流水で洗い付着している菌・ウィルスや唾液などを流して
マスクの裏面も表面も流水で洗い流します。

その後、タオルなどで水分を絞って、乾燥させます。
乾燥後、アルコール消毒して消毒完了です。

アルコールは蒸発する時に水分を強制的に奪うことで菌やウイルスを殺菌・不活性化します。
使用する際、マスクはカラカラになるまでしっかり乾燥させましょう。

*洗ったマスクの湿りは厳禁です!

 
消毒用アルコールについて

消毒用アルコールは約80%がアルコールで、20%は水です。
水分が入ってない無水アルコールはアルコール分のみ蒸発してしまい、
消毒には向きません。
*購入時に注意して下さい。

薬局では、主に3種類のアルコールが売られています。

  • 無水エタノール
  • 消毒用エタノール
  • 消毒用エタノール(イソプロパノール含有)

 

 上から順番に価格が高い商品です。


無水アルコールは、電子機器の掃除などでよく使われているもので、マスク消毒には向きません。

消毒用エタノールと消毒用エタノール(イソプロパノール含有)は
マスクや、手指の消毒に使うのなら消毒用エタノール(イソプロパノール含有)
で十分です。

消毒用エタノール(イソプロパノール含有)は一番安価で
酒税の関係で、イソプロパノールが混ぜられています。

消毒用エタノールは価格が少し高くなりますが
食器類の消毒に使えます。

 

マスクの再利用を避けた方が良い場合

マスクの溶着部分がとれた場合

マスクの溶着部分は外れるとマスクの密着性が
下がるのでマスクの効果が下がってしまいます。

溶着部分が外れた場合は再利用をあきらめて廃棄しましょう。

 

ウィルスに罹患していた場合

ウィルスは水で洗い流しても、
マスクにウィルスが残った場合、乾燥時にウィルスが拡散してしまうかもしれません。

また、過去に流行ったノロウィルスにはアルコール消毒は効きにくい様です。

 
せきエチケット

マスクをせずに外出先でせきをしてしまった場合は、必ず手で口を覆いましょう。

せきをした時のしぶきは1-2mまで飛びます。

また、せきをした時に手を使った場合、しぶきが付いた手でドアノブを触るのもやめましょう。

 

まとめ

基本的に使い捨てマスクなので、再利用は避けた方が良いです。

どうしても再利用した時は

  • 水洗い
  • アルコール消毒

を必ずしましょう。

 

 

何か感染性のある病気に罹患時に使ったマスク、
溶着部分が取れてしまったマスクは処分しましょう。

 

風邪などの感染予防にはマスクも大事ですが、手洗いとうがいも大切です。

 

インフルエンザの季節も3月ぐらいまでなので
インフルエンザやコロナウィルスが流行っている期間は、マスク、手洗い、うがいこまめにして予防しましょう。

 

でも、いくら予防しても罹ってしまう時は掛かってしまいます。

医療や感染対策は進歩しているので、

一気に重篤になることはないと思いますが、

高熱が出た場合はすぐに病気へ行きましょう。

そして、最新の情報に関心を持ちましょう。
普段からしっかり睡眠、ご飯を食べて元気でいることも心がけましょう。

 

 

 

 

 

■ブログを投稿してから1分で1位になる技術

しかもその方法が、聞いてあきれるほど簡単な方法だとしたら。 知りたくありませんか?!ただ申し込んでノウハウを教えてくれるだけじゃ興味ないですよね。

パソコンを触ったことない人でも手厚いサポートもしてくれる講座だったら?

ご興味ある方、まずは無料動画講座をご確認ください。 

https://www.ijk13.net/af/ck.pl?i=12000125&u=10002191